2019/09/08

ホンチャックマシーン を探しに行く

何やら話題のポンチャックマシーンとやらを手に入れようと出かけてみました。

地下鉄の駅を降りて

Img_2893

ヨンジちゃんのポスターを見ながら、こちらのビルの2階へ

Young_edited_20190908034701

フロア中ほどにある店のショーケースにそれっぽいものがあったので見ていたら、お店のおじさんがやってきてショーケースから出して見せてくれました。

Img_3093

とりあえず、FMラジオとかをつけて聞かせてくれたのですが、どれだけの曲が聞けるのか気になったので聞いてみると、店の奥からImg_3095

冊子をもってきて、張り付いているMicroSDカードを本体にいれて曲を流すと「6400曲入っている」との説明。

この本体に曲が入っているのではなくて、別口で曲データを入れる感じだったのですね。

ショーケースには、このマシーンの他にも似たようなものがいくつかあったのでそちらとの違いも気になったのですが、お店のおじさんが、「これにしとけ」って感じなのでこれを買ってきました。35000₩だったのだけれども、ちょっと値切った方が良かったかな・・・

あと、おじさんお昼を食べている最中だったようで、食事を中断してしまい申し訳なかったです。

 

Img_4335

さて、この値段で買えたのは、MP3プレーヤー本体、ACアダプタ(韓国仕様)、USBケーブル、そして、曲のMicroSDカード・冊子 です。

このMP3プレーヤーについては

  • 基本的にはFMラジオ付きMP3プレーヤー
  • FMラジオは 87.5108.0MHzまで受信可能。ストラップにアンテナ線がついていて、思ったより感度はいい感じ。
  • 電源は充電式、電源端子はUSB ミニB
  • 懐中電灯としても使用可能、表のLEDと書いてあるボタンを押すとLEDが光る

Img_4331

側面は左側から、イヤホン・AUX・USB(曲を入れたUSBメモリをさす)・LED(充電中表示および懐中電灯)・電源用端子です。

FMラジオを聴くだけならそのまま使えます。ただ受信可能周波数が韓国バンドなので、日本では、一部のFM局と、ワイドFMの局だけに限られてしまいます。

さて、曲を聴くにはどうすればよいかというと、曲が入ったMicroSDカードを底面のMicroSDスロットに入れるか、側面のUSB端子に曲を入れたUSBメモリをさすことになります。

Img_4334

おまけで付いてきた、MicroSDカードをスロットに入れて電源をONすると、さっそく韓国の曲が流れます

曲の選択は、表の数字キーを入力して設定するみたいです。

冊子には、番号と曲名が書いてあります。曲は、ジャンルごともしくは歌手ごとにまとめられている感じですね。

  00010100 最新人気曲

  0101~1302 トロット

  1303~1916 昔の曲

  19172000 民謡

  2001~2777 70,80,90(年代の曲)

  27783053 カフェ音楽

                 :

  3470~3544 ナフナ

  4203~4232 チョーヨンピル

  4440~4458 デジナ

                 :

  5164~5271 クラッシック・ポップ・インストゥルメンタル

  5272~6300 最新歌謡

  6301~6400 ヒット歌謡

 ちなみに、最近っぽい曲としてこんな曲も入っていました

  5300 江南スタイル

  5552 タシマンナンセゲ(少女時代)

      5641 魔法少女(オレンジキャラメル)

 あとは、動画などでよく出てくる曲・・・

  1000 ソーセージだらけ

曲によっては、同じ曲が番号を変えて何度も登録されているようです。なので、実際の曲数は6400よりも少ないようです。

 

ところで、買ってきたMP3プレーヤーとほぼ同じものがamazonでは2000円ぐらいで買えるようです。3500円ぐらいが音源の価格?

逆に、韓国歌謡をずっと聞いていたいだけなら、このSDを手に入れてスマホに入れてしまえば同じことができそうです。

 

ということで、面白くもあるけども、何とも微妙なものだなぁ というのが感想です。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2009/12/12

携帯電話でウィルス感染!!

「どうもウイルスに感染しているようなんですよ。修理となると基盤ごとの交換になり、データが消えてしまうのですが、機種交換しましょうか、どうしましょうか?」
ケータイショップでそう言われて驚きました。


という記事があるのですが
ケータイの「電池の減り」急に速くなったと思ったら

なんだかツッコミどころ満載です。

>ブルートゥース経由で感染するケータイのウイルスが報告されています。
→あまりそのようなモノは聞かないのですが・・・

>中国や東南アジアでは、
→中国や東南アジアの携帯電話向けウィルスなら、日本向け携帯に感染はまずしない

>このタイプのウイルスは、赤外線通信機能を常時起動させ、自分のコピーをバラ撒こうとします。
>それで、電池を食ってしまうのです。
→赤外線通信機能とブルートゥースをつけている携帯なんて日本だけ。赤外線通信機能を常時起動させるようなウィルスは中国・東南アジア向けにはつくないって。百歩譲って「ブルーゥースを常時起動させ・・・」ならわからなくもないけれど、それはそんなに電池は食わないはず

>それで、電池パックの交換をしようと、軽い気持ちでショップへ行ったんです。買い換えてからまだそんなに経
>たないし、ついでに原因を聞こうと店員さんに相談したら、預からせてくれ、と
原因を聞いただけで、預からせてくれってのは、なかなか考えづらいけど・・ここらへんはショップでの相談の仕方によってはあるかもしれません。

>どうもウイルスに感染しているようなんですよ。修理となると基盤ごとの交換になり、データが消えてし
>まうのですが、機種交換しましょうか、どうしましょうか?
データが消えるけどどうしますか?・・の話は、メーカーの修理側で言うものでなく、ショップで修理を受け付けるときに言うのでは

>Aさんは新しい機種に買い換えました。2年縛りの途中での機種交換ということで、割高になってしまうのは
>仕方ないと諦めたそうです。 不幸中の幸いといえば、Aさんが定期的にデータのバックアップをとっておく
>タイプだったということ。 直近に登録したものはともかく、アドレス帳に保存してあった膨大なデータのほと
>んどは、パソコンから移植すれば済んだのです。
バックアップ取ってあるのなら、基盤交換してもらえば良かっただけだと思うのです。それはら、「割高」なんて
ことも考えなくても良いのではないかと。(保険にはいっておらず、基盤交換修理代金よりも機種交換の方が
安かったって可能性はあるけど)

実際のウィルスの存在はともかく、公式には携帯電話のウィルスは存在していないことになっているハズなので、ショップ側が「携帯電話にウィルスが感染しています」なんてことを言う事はないはず。どう考えても、この記事は、この記事を描いた人の妄想としか思えないのですが、ジャーナリストってのはまっとうに取材・考察もせずにいい加減な事を書いても良い職業なのでしょうか??

まぁJーCASTはそういうものが掲載されている場、といわれてしまえばそれまでですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/30

iPhone で韓国のラジオを聴く!(韓国 MBC ラジオアプリ)

iPhone では、インターネットラジオの受信が可能なアプリケーションがいくつも公開されています。これを使うと、電車に乗りながら、外国のラジオを聞いたりすることもで出来てしまいます!

韓国のラジオを聞きたい場合は・・・

まずは、放送局の純正プログラム。文化放送(MBC)が MBC Radio Lite というアプリを提供しています。
Img_02241

iTunesで見る場合はMBC Radio Lite


期間限定(2009年11月30日まで)ですが、放送局純正アプリということで、安心して使えます。画面上は番組名とパーソナリティの顔写真が出ています。FM4Uともちろん標準FMも切り替えOKです。



若干動作不安定なところ(時刻によりアプリが起動しなかったり、起動しても音がならなかったり)もあるのですが、聞き始めれば安定して聞けます。



FStreamを使うと、SBS系列の局も聴けます。
Img_02271

iTunesで見る場合は→FStream

こちらは、WMA対応のラジオアプリで、ShoutCastやSourceMac、iTunes に登録されたインターネットラジオを聴くことができますが、それ以外に自分でURLを登録することでプリセットされていない局も聴けるようになります。

こちらにSBS系列を入れておけば MusicHigh 等も聴くことができます。



KBS系列は残念ながら聴くことはできません。(昔のラジオ韓国、今の KBS WORLD ならFStream やpodcast で聴くことができます。


外出中にちょっと韓国のラジオを聞いたりできます。(地下鉄だと聞けなかったり、電車も電波が届きにくい所では途切れたりしますが)他の外国の局も聴けますので、ちょっとした海外気分も味わうのもいいのでは?
(ただし、電池は速く消耗してしまいます。予備電池を用意した方がよいかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/28

@nifty:NEWS@nifty:PHSサービス停止、ドコモが2年後めどに(読売新聞)

先日@freeDの解約をしたばかりですが、

@nifty:NEWS@nifty:PHSサービス停止、ドコモが2年後めどに(読売新聞)


だそうです。
ケータイWatchによるとPHS契約者には何らかの特典が用意されるらしいです。

もう少し持っていればよかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/27

モバイルに使っています @nifty Mobile P

@nifty Mobile Pをつかっています。

これまで、DoCoMoの@FreeD(Pin Free 1S)をつかっていました。こちらも使い放題のPHSデータ端末で、データスピードは64kでつかえるのでいいのですが、接続利用の間隔が開くと(数分?)とPHSの接続が切断されてしまう(ドーマント状態になる)ため、その後データ転送を行おうとすると、PHS接続作業にしばらく時間がかかってしまいます。

電車の中で使っていると、接続できている間はいいのですが、一旦、ドーマント状態になってしまうと、

再接続作業が特に移動中には時間がかかる→その時間によって利用しているアプリケーションがタイムアウトエラーでデータ転送が中断→再度ドーマント状態に

みたいな感じになり使えないループに陥ってしま場合がありました。

@nifty Mobile P32 は、基本的に willcom のシステムを使っており、ドーマント方式では無く、データスピード32kを共有する形で利用します。実際に使ってみると、電車の移動中でドーマント状態にならず、(そのあたりでイライラしていた部分がなくなる分)快適に使えます。

電車の速度が80km/hぐらいであれば、データ転送はできているようで、それ以上のスピードになりデータ転送が途切れても、速度が落ちてくるとすぐに接続が再開されます。



データスピードの遅さについては、PDAで使っている分については、そんなに気になりませんでした。PCでホームページなどを見る場合は確かに役不足ではあるのですが、@FreeDの方特に早かったとの感じは受けませんでした。(どっちみち遅いから変わらない?)


ということで、月額料金の関係もあり、 @FreeDを解約してしまいました。P-in comp@ct時代から考えると結構長く使っていたんですけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)