2010/07/19

カージョル&シャールクカーンの Kuch Kuch Hota Hai (くちほた)がリメークされる!

この項目は インド映画(マサラムービー)の記事です。

私がインド(ヒンディ)の映画で一番気に入っている映画に「Kuch Kuch Hota Hai」があります。オリジナルは1998年リリース。2004年に東京で「何かが起きてる」の邦題で上映されたものです。

その題名「kuch kuch hota hai」で検索してみたところ・・・なんとリメーク版が出るとの情報が有りびっくり。
予告編も公開されています。

公式予告編はコチラ

リメークですが、題名が「Koochie Koochie Hota Hai」に代わっていて、原作の実写映画から動物が主人公のアニメーション作品になっています。

動画の中を見ると・・・メインのキャスト(シャールク・カーン、カージョル、ラニー・ムカルジー、アムパム・ケール)は原作と同じ人が相当する役の声をあてるようです。

予告編の真ん中あたりは、原作と似たようなストーリー展開・セリフ・メロディーが展開されていますが、後半(と冒頭)はちょっと違う展開。凄く気になります。(タイムマシーン?アクションシーン?)

2010年夏に公開予定との情報がありますが、まだ、本国では公開されておらず、OSTも未発売のようです。(インドでは、公開に先駆けてOSTを発売しプロモーションにするので公開されているか、公開が近ければOSTが発売されているはずです。)

本国での公開がまだなのに、日本で公開されるかどうかもわからない(原作もインド公開から10年ぐらいしてから公開された)のですが・・・なんだか待ち遠しい気分です。とりあえず、OSTが出たら購入します。

(原作のミュージカルシーン↓上記の予告編の中で使われている曲が出てきます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/14

還暦記念!ラジニカーント 映画上演

2010年3月20日(土)~4月9日(金)に、渋谷シアター・イメージフォーラムで、『祝★還暦ラジニカーント Happy 60th Birthday 特別記念上映』 が開催されるとのことです。

上演は
・チャンドラムキ(ラジニカーント★チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター)
・ヴィーラ(ヴィーラ 踊るONE MORE NIGHT!)
の二本立て(日によって上演時間が違う)

新規上映ではありませんが、劇場での久々のラジニ映画上映です。

ラジニ.jp掲示板によると、ラジニ映画見放題3500円の定期券も発売されるとのこと。(これを買って、全日程映画を見続けると、1上映あたり55円のインドプライスで映画をみれる!)なんだかよくわからないけどすごいです。

マサラシステム上映はなさそうですが・・・・・・・・一回ぐらいは行きたいですね。(既にみてるし、DVDも持っているが・・)

↓の映画は上映されません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/14

Heartbeats~何かが起きてる~

もう、去年の10月の話ですが・・・「東京国際映画祭 2004」で、上映された映画「何かが起きてる」原題 Kuch Kuch Hota Hai (KKHH)を見に行きました。インドの映画(ヒンディ)です。

この映画のDVDがその筋のサイトで評判が高かったので、海外からDVDを取り寄せて英語字幕(最初にでたDVDでは日本語字幕がありませんでした)を出して見ていました。ヒンディは当然聞き取れない、英語も苦手・・・なのにストーリーに引き込まれ、食い入るように最後まで見てしまったわけです。

主演のシャールクカーン、カージョルのコンビは、既に映画「カランとアルジュン」「シャールクカーンのDDLJラブゲット大作戦」でも見ていたのですが、この映画を見て改めてファンになりました。
(…DDLJ…は、本国では KKHH以上にヒットした作品ですが、「見た映画館がショボかった」のと「ラストシーンが腑に落ちない」ためにあんまり好きな映画ではありませんでした)

何時の日か上映されないかなと思いつつ日は過ぎて、そのうち、本国で公開されてから大分たっていたので、もう日本では公開されないのでは、と思い始めていたのですが、プロデューサー Yash Johar氏追悼枠とはいえ、日本で、(まっとうな)日本語字幕付で上映されることとなり、感謝感激あめあられ、2度あった上映の両方を見てきました次第です。
(贅沢言わせてもらえれば、もうチョットいいプリント(フィルム)だったら良かったのにと思いました。最後の感動のシーン付近で プチッ と切れる(飛ぶ)場面がありましたから)

是非是非もう一度(一度だけでなく何度でも・・)日本語字幕付で上映して欲しいのですが、それって実現されるのかなぁ・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)