« URAKARA 第三話 ロケ地情報など | トップページ | KARA 新曲 ジェットコースターラブ iTunes から配信ちゅ~ »

2011/02/15

専属契約途中解除、法廷闘争で敗訴で損害賠償金 4億6000万

KARAの話ではありません。

でも、KARAに身近な人ブーム(붐)さんの話です。


ブーム'契約解約訴訟'敗訴...4億6000万ウォン支給判決

2009.08.23 21:32

放送人ブーム(実名イ・ミンホ)が前所属会社と専属契約解約を囲んだ法廷戦いで敗訴した。

ソウル中央地方法院民事合議16部(チョン・ホゴン部長判事)は23日演芸企画会社トショエントテインモントゥがブームを相手に出した損害賠償請求訴訟で"被告は4億6800万ウォンを支給しなさい"として原告勝訴判決を下したと明らかにした。

ブームはトショエントテインモントゥと2005年から2010年まで専属契約を結んで演芸活動をして昨年7月不当な税金転嫁、レコード販売収入の不公正な分配、夜業者出演強要にともなうイメージ失墜などを理由で契約解約を通知して読者活動をしてきた。

これにトショエントテインモントゥ李氏の一方的専属契約解約で損害をこうむったとし昨年12月訴訟を起こした。

裁判所は"専属契約により60%の収益を配分受けた点と精算過程で異議を提起した証拠がない点等で被告が主張する契約解約理由を認めにくい"と明らかにした。

(出展 朝鮮日報 )


判決は、さまざまな状況をモトに決められるでしょうから、コレがすべてではないでしょうか、こういう事例があるという紹介です。

ブームさんは、今”芸能兵”として兵役についていますが、KARAに会う機会があったなら、どんなアドバイスをするのでしょうか。

|

« URAKARA 第三話 ロケ地情報など | トップページ | KARA 新曲 ジェットコースターラブ iTunes から配信ちゅ~ »

KARA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専属契約途中解除、法廷闘争で敗訴で損害賠償金 4億6000万:

« URAKARA 第三話 ロケ地情報など | トップページ | KARA 新曲 ジェットコースターラブ iTunes から配信ちゅ~ »