« KARAネットショップ  KARAオイ? | トップページ | URAKARA 第二話 ロケ地情報など »

2011/01/22

CD 売れると KARAにはいくらはいるの?

ちょっと気になったので調べてみました。


CDが売れたときに、CDで歌っている人に入るお金を、俗に「CDの歌唱印税」と呼ばれているみたいです。

・Wikipedia 「印税
・TBSテレビ「がっちりマンデー
・ウタレン「音楽業界のしくみ」(アーチスト養成サイト)

それぞれ若干の違いがありますが、おおむね「1%~3%」とのことです。

パーセンテージは、アーチストの格で決まるそうです。「KARA」は日本では新人なので1%でしょう。

グループの場合は、その金額を人数分で割ります。1%を5人で割ると 0.2%

ガールズトーク
2800円の場合・・・1枚売れると、一人当たり5~6円・・・との事です。

CD売り上げについてのギャラはグループ全体で1%という数字は、日本での相場みたいです。一人ひとり1%もらっているのなら大盤振る舞いということですね。
今回数字の話がでていますが、実際はどのようになっているのでしょうか。

ところで、この数字だけ見ると、途中搾取が大きすぎる(ボッタクリすぎる)ように見えますが、多くの人が音楽を産業として盛り上げていくべくかかわっていて、その分音楽が文化として広まっていっているのではないかと思います。

« KARAネットショップ  KARAオイ? | トップページ | URAKARA 第二話 ロケ地情報など »

KARA」カテゴリの記事

コメント

今回問題になっているのは、CDの売り上げの’収益’の一人ひとり1%というところで、収益の計算をする所で、なんとでもなるというところかと。経費の妥当性が不透明だと、ギャラはいくらでも安くすることができます。その辺の信頼が崩れたというのが、離脱側の主張かと。ちなみに,日本の場合商品価格の卸価格(通常定価の7割だったはず)に対して1%という印税のはずです。これは、アメリカでの常識の4分の1程度と聞いたことがあります(間違っていたらすいません)日本の音楽家も相当ボラレているのに、それ以上事務所が持っていくとなると、事情はどうであれ、やり過ぎかと思われます。

ken さんコメントありがとうございます。

歌唱印税は、リンクのサイトをみると、

(定価 - 部材費用)× 1.0~3.0%

とのことです。ここの契約内容にも拠るかとおもいますが、収益の計算でどうにでもなる、ということではないようです。

(実際には、ここから事務所の手数料がひかれるようです)

レコード会社・事務所ともある程度利益を上げないと続けていけなくなると思います。ただ、それでアーチストをダメにしては元も子もないので、うまくやっていってくれることを期待したいともいます。

何度もコメント書かせてもらってすいません。前のコメントでは、お金のことばかり書きましたが、騒動の真相はお金のことより、ハードスケジュールと内容(ウラカラの第2話は、韓国でバッシングが起こってもおかしくない脚本だったと思うのですが)だとぼくは思っています。日本と韓国という決して友好的と言えない両国で活動する時に、きちんとしたマネージメントがなされないと、バッシングなどで本当に心の傷を負う可能性があるので、親としては黙っていられなかったという所ではないのかと思います。例えば、日本のテレビ番組で、サッカーの日韓戦で、日本を応援するようなコメントをさせられたりすれば、どうなるか。キムチの発音だけでバッシングが起こるくらいなので。親としては心配ではならないでしょう。個人的には、この辺の話に触れられた報道がないのが不思議です。

sorasoraさんコメント有り難うございました。
何度も投稿させてもらいすいません。
印税の件ですが、

”歌唱印税は、リンクのサイトをみると、

(定価 - 部材s費用)× 1.0~3.0%

とのことです。ここの契約内容にも拠るかとおもいますが、収益の計算でどうにでもなる、ということではないようです。”

これは、日本での音楽業界の常識(ガイドライン)での計算の仕方であるので、 今回DSPがどう計算するのかは、このやり方ではないようです。(あくまで報道によって理解した範囲ですが)
上記にもあるように、日本では、売り上げベースで、印税を払うことになっていて、(もちろんアメリカも)売り上げ枚数がわかれば、最低限の印税は支払われるように、音楽業界でガイドラインが設定されている(もしかしたら法律)のですが、韓国ではどうもそのようなガイドラインがないようで、東方神起の場合50万枚売り上げた時のみ印税がたった約80万円支払われるという奴隷契約が話題になりました。
今回日本での売り上げが、13億円。
契約により取り分が、DSP JAPANが15%(2億円)それからDSPJAPANが経費を引き韓国DSPに振り込まれ、さらに、経費が引かれて、その収益の対して1%支払ったので、12月は印税が1人約1万円だったそうです。(真偽不明)ちなみに、日本式でやると、約900万円割る5人で約180万円。(これでも少ないと思いますが)
此れが事実なら、普通怒りますわね。13億円が1万円。ちょっと信じられませんね。
後、放送活動等のギャラを合わせて月給約22万円。1日、2、3時間しか寝れないという話なので15時間労働かける30日とすると450時間、時給500円に満たない。韓国の物価が7がけぐらいなので、日本の感覚では時給700円ぐらいで死ぬほど働いているようなもんです。あれだけ努力して、これでは、悲しくなるのはわかるような気がします。
ちなみに、アメリカや日本で、こういった問題が起こったので売り上げベースで印税を計算するガイドラインが設定されるようになったと思われます。
ただ、印税の精算は、結構遅れるものなので、DSPがそのことについて説明 が不十分で、親と誤解を生じた可能性はありますがどうでしょう。

ケンさんありがとうございます。

ギャラ全体の話は、伝聞・推測の数値しかないのでそれをモトに話しても意味ないと考えています。

また、約半年の売り上げ累計と一ヶ月のギャラを比較するという基準すらあっていません。(一ヶ月単位にしても少ないのですけど)

DSP側がすべて良いとは思いませんが、反DSP側が日本の慣例(歌手はCD売り上げの1%ももらえない)やまともな計算しないというレベルにあり、それがモトで議論が進まないのであればそれはもったいないと思っています。

sorasoraさんコメント有り難うございました。
何度も投稿させてもらいすいません。
実は、私、音楽業界に片足突っ込んでいたことがあるので、契約について考えたことがありついエキサイトしてしまうのですが、本当に日本でも,相当売れないと(年10万枚は最低限)食えないので、ヤル側は大変です。スタッフも大変です。いったい誰がもうけているんでしょう。
 まあ、それはさておき。 ネットや週刊誌の情報なので、いい加減なのは百も承知です。それでもあえてコメントしているのは、日本の常識と韓国の常識が違うことが、今回の問題点みたいなので、(二重控除のあたり等)そこが言いたかっただけです。
そこはどこかというと、売り上げベースか、収益ベースかというところです。
こういったところでごまかす事務所は日本でも小さな所はあると聞いています(噂)。
半年の印税を1月分の印税と比較したのは、わかっていたのですが、つい面倒だったのでやってしました。正確には印税に6かけるかしてください。つまり、13億円の売り上げで印税6万円。印税の精算は最大1年ぐらい遅れることがあるので、(けど多分小額のときのみ)まあこれよりはいいと思うんですが。
日本の新人さんでも180万円、相当厳しい事務所でも90万円は入ります。(断言します)韓国でのキャリア(4年目)を考えると、通常、1人400万ぐらいは、印税をもらうのが適当かと思います。後いくら韓国のテレビ、ステージとはいえ出演すれば、ギャラが発生するので、あれだけテレビにでれば、日本の事務所ならギャラは、年1000万円は超えるのが普通。(韓国でのテレビのギャラはよくわからないので、聞き流してください。)
それが、年収270万円ぐらい(あくまでネット情報)
あの、うちの店で働きませんか。とスカウトしたい。ていうか、ソフトバンクが事務所ごと買えばいいんじゃないの。本当に。
日本でホテルをブッキングしてなくて、サウナで宿泊なんて、危険です。有名になると、オートロック付きのマンションは最低限必要。ホテルも警備体制が甘い所はNG.
話が脱線しました。親じゃありませんが、本当に心配です。
何か事件が起こらなければいいのですが。
お金で解決出来ることはきちんとやってもらいたい。
後、音楽業界にいた人間として、言いたいことは、
あのレベルに達するのがいかに大変かは、やってみたことが有る人はわかるでしょう。
また睡眠時間2、3時間で愛想を振りまくのがどれだけつらいかも普通に働いている人ならわかるはず。
ここのブログでは、ありませんが、2CH等で、好きでやってんだから仕方がないとか、言う人には、
やったことあんのかと言いたい。
又,脱線しました。すいません。
KARAも、少女時代も、SHINEEも、東方神起も本当に素晴らしい。相応のギャラで円満に活動してもらいたいし、つまらないバッシングに負けないでほしいです。


kenさんコメントありがとうございます。

「タレント」さんの「ギャラ」については、個人的な問題やイメージ的な問題もあり数字は出てこないでしょう。そのため追いかけすぎても(心配しても)しょうがないのかなと思います。

ただし、一部で「CDの印税として1%しかもらっていないのは少なすぎだろう」との報道がありましたが、CD印税については、ある程度固まった数字があったので、それは現在の日本の常識とは違うとのとの事で記事にしてみました。

ご両親と事務所の間で、双方納得する結論が出るのが良いのですが、現在の状況のまま時間が経つてしまうとKARA5人の活動がしづらくなっていくのでは無いかと心配しています。
基本的な(日本での慣習な)内容はとっととクリアにしてモット突っ込んで話がなされると良いのではないかと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD 売れると KARAにはいくらはいるの?:

« KARAネットショップ  KARAオイ? | トップページ | URAKARA 第二話 ロケ地情報など »

twitter

  • twitter
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウェブページ